ハムスターの飼い方がよく分かるサイトはこちら

アボカドに含まれる栄養成分〜たんぱく質〜

アボカドの栄養成分

アボカドは様々な栄養成分が含まれています。

今回はその中でも、

たんぱく質に注目していきます。

 

たんぱく質は体をつくるのに欠かせない栄養素ですが、

今回は、

  • アボカドからたんぱく質を摂るメリット
  • アボカドに含まれるたんぱく質の種類

について詳しく書いていきたいと思います。

 

  • ただ痩せるだけじゃなくキレイに痩せたい方
  • 健康的な体つきを目指している方

にオススメの内容です。

 

スポンサーリンク

アボカドからたんぱく質を摂るメリット

アボカドからたんぱく質を摂る最大のメリットは、

植物性たんぱく質を摂れるということです。

 

植物性たんぱく質を多く摂っている人は、

お肉などの動物性たんぱく質を食べる人よりも、

体重が増えにくく、

生活習慣病のリスクが低いと言われています。

 

また、キレイに痩せたいと思っている方にも、

植物性たんぱく質は大きな効果があります。

 

キレイにやせることができる

ダイエットをする時に、

食事の量を減らす方は多いと思います。

 

食事の量を減らす際にたんぱく質の摂取量が減ってしまうと、

筋肉が落ちてしまい、

痩せても締まりのない体型になってしまいやすくなります。

 

植物性たんぱく質を摂ることで、

体の筋力を維持しながら、

体重を落としていくことができます。

 

ゴリマッチョではなく細マッチョを目指す方にぴったりです。

 

必須アミノ酸が摂取できる

アボカドは果物の中でもたんぱく質の量が群を抜いて多い食材ですが、

そのたんぱく質を構成するアミノ酸に、

必須アミノ酸

が多いのも特徴です。

 

必須アミノ酸は体内で合成することができず、

食事から摂取する必要があります。

 

アボカドはヘルシーに必須アミノ酸を摂取することができます。

 

アボカドに含まれるたんぱく質の種類

アボカドには100gあたり2gのたんぱく質を含んでいますが、

内訳は次のとおりです。

 たんぱく質2g

トリプトファン 0.025 g
トレオニン 0.073 g
イソロイシン 0.084 g
ロイシン 0.143 g
リシン 0.132 g
メチオニン 0.038 g
シスチン 0.027 g
フェニルアラニン 0.097 g
チロシン 0.049 g
バリン 0.107 g
アルギニン 0.088 g
ヒスチジン 0.049 g
アラニン 0.109 g
アスパラギン酸 0.236 g
グルタミン酸 0.287 g
グリシン 0.104 g
プロリン 0.098 g
セリン 0.114 g

引用元:wikipedia

このうち体内で合成できない必須アミノ酸は、

  • トリプトファン
  • リシン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン

の8種類です。

(ヒスチジンを含む9種類とも言われる)

 

体重60kgの人で考えた時、

アボカドを1日1個食べれば、

1日の必須アミノ酸の摂取量をほぼクリアできます。

 

(メチオニン、ロイシン、イソロイシンが少し足りない)

 

1日に2個以上アボカドを食べるとカロリーを摂りすぎる問題が出てきますが、

1日1個までであれば積極的に摂っていきたい食材です。

 

まとめ

今回はアボカドの栄養成分の中でも、

たんぱく質にスポットを当ててみました。

 

植物性たんぱく質であり、

必須アミノ酸も豊富に含まれていることから、

健康的な体づくり

のために積極的に摂りたい食材です。

 

1日1個を目安に食べていきましょう。

コメント