ハムスターの飼い方がよく分かるサイトはこちら

切ったアボカドの賞味期限を伸ばす方法

未分類

アボカドを切ったはいいけど、食べきれなくて置いておいたら、

変色して黒くなってしまった。。

 

そんな経験をした方も多いはず。

 

アボカドが変色するのって結構早いんですよね。。

 

今回は切ったアボカドの賞味期限を伸ばす方法を書いていきたいのですが、

王道の方法から私オリジナルの方法まで余すことなく伝えていきますね♬

 

スポンサーリンク

切ったアボカドの賞味期限を伸ばすポイント

切ったアボカドが変色してしまう原因は、

酸化

です。

 

酸化を遅らせることで、

変色を防ぎ賞味期限を伸ばすことができます。

 

半分の状態で保存する

アボカドを細かく切れば切るほど空気に触れる面が増えてくるので、

切ったアボカドを保存する際はできるだけ大きい塊で保存してください。

 

レモン汁をつける

これは王道ですね♬

 

切ったアボカドにレモン汁をつけることで、

変色を防ぐことができます。

 

レモン汁が苦手な方はオリーブオイルをつけても同様の効果が得られます。

 

ラップで空気に触れないように密着する

変色する原因が酸素に触れることなので、

切ったアボカドの表面にラップを密着させて巻きつけることで、

酸素に触れる部分を少なくすることができます。

 

タネは付けたまま保存する

アボカドを半分保存しようと思った時、

酸素に触れないようにラップをしますが、

タネを取ってくぼみができている状態だと、

ラップをくぼみの中にまで密着させることができません。

 

タネを付けたままにしておくことで、

くぼみの中が酸素に触れなくなるので、

タネは付けたまま保存しましょう。

 

切ったアボカドが変色してしまった時の対処法

アボカドの賞味期限を伸ばすための方法を書いてきましたが、

その対策をしても、

正直言って一晩置いておくと変色が始まります。

 

アボカドが変色した時の対処法も書いておきます。

 

表面を削る

正直これが1番いい方法だと思います。

 

切ったアボカドの酸化が1番すすむのが、

酸素に触れる表面部分です。

 

そのためその表面部分を削り取ることで、

中身はまだ変色していないことが多いです。

 

だからこそできるだけ大きい塊で保存し始めることが大事です。

 

裏ごししてソースとして使う

もうスライスしてしまったよ。。

表面削ってたら食べるところなくなっちゃうよ。。

 

そんな方は、裏ごししてみましょう。

 

アボカドが変色する時に、黒い筋が目立ってきますが、

裏ごしをすると筋を取り除くことができます。

 

(身自体の色が悪くなっているのは取りきれません)

 

裏ごししてペースト状になったアボカドをサンドイッチなどのソースに使うと、

見た目もそれほど気にならず食べることができます。

 

切ったアボカドの賞味期限は?

ここまで変色に関することを書いてきましたが、

アボカドは変色しても腐っている訳ではないので、

見た目を気にしなければ、

そのまま食べることができます。

 

ただ、安心して美味しく食べることができる期間として、

○スライスしたアボカド

約1日

○半分にカットしたアボカド

約2〜3日

といったところでしょう。

 

まとめ

アボカドを1つ丸ごと食べられなくて、

いつも保存に苦労するという方は、

冷凍アボカドを使うのも1つの方法です。

ぜひ色々試してみてくださいね♬

コメント