ハムスターの飼い方がよく分かるサイトはこちら

アボカドを保存する時に新聞紙で包むとどんな効果があるのか?

アボカドの熟成

アボカドを保存する時に、

少しでも日持ちして欲しいし、できるだけ美味しく食べたいと思いますよね?

 

アボカドを新聞紙にくるんで保存すると良いと聞いたけど、実際どうなんだろう?

 

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

アボカドを新聞紙でくるむとどんな効果があるのか?

どんな時にくるめばよいのか?

 

その疑問にお答えします。

 

スポンサーリンク

アボカドを新聞紙でくるむとどんな効果があるのか?

アボカドを新聞紙でくるむと、

美味しさを保ちながら熟成を早めてくれる効果

があります。

 

追熟

果実がいったん樹から切り離された後に食べごろまで待つこと。

アボカドは熟成を促進するためにエチレンを放出するのですが、

新聞紙でくるんでおくとエチレンを逃さず、

追熟が早く進むようになります。

 

また新聞紙でくるむことで、

温度変化や湿度変化を穏やかにし、

湿度調節の役目もしてくれるため、

より美味しさが長持ちするようになりますよ。

 

アボカドを保存するときに新聞紙でくるんだほうが良いパターン

アボカドを新聞紙でくるむことで、

追熟が進むため、

アボカドがまだ固く熟成していない状態

の時にくるむようにしましょう。

 

冷蔵庫などには入れず、

常温で保存しましょう。

 

アボカドを保存するときに新聞紙でくるまないほうが良いパターン

逆に熟成しているアボカドを保存する際には、

新聞紙でくるまないようにしましょう。

 

理由は簡単。

 

熟成しているアボカドをさらに追熟すると、

あとは腐るだけだからです。

 

熟成したアボカドを保存するときにはどうすれば良いのか?

熟成したアボカドを保存するときのポイントは、

追熟を止める

ことです。

 

アボカドは低温で保存すると追熟が止まるので、

熟成したアボカドは、

冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

 

しかし、アボカドは低温に弱いため、

長期間冷蔵庫で保存すると低音障害を起こして、

味が一気に落ちるため、

長くても

2〜3日以内

には食べるようにしましょう。

 

まとめ

アボカドの状態によって、

新聞紙でくるむかくるまないかをしっかり判断しましょう。

 

なにも考えず闇雲に新聞紙にくるんでしまうと、

逆に傷ませてしまうこともあるため、

アボカドが固いのか食べ頃なのか見極めてくださいね。

 

アボカドの食べ頃をシールの色で判断する方法
アボカドをスーパーで買う時に、 失敗したことないですか? 食べられると思って買ったら硬かったとか。 私一回食べ頃かなと思って買ったアボカドが、 全部腐っていて、痛い思いをしたことがあります。 ...

 

 

コメント