ハムスターの飼い方がよく分かるサイトはこちら

アボカドの栄養価は加熱することで変わるのか?

アボカドの栄養成分

美味しいし美容や健康にも良いアボカド☆

 

どうせならアボカドの栄養価を全部ちゃんと取り入れたいですよね♬

 

そんな時に気になるのが、

アボカドの調理の仕方で栄養価が変わってしまうのかということ。

 

野菜など茹でたりすると栄養素が流れ出てしまうという話もよく聞くし。。

 

アボカドに熱を加えても大丈夫なの?

 

スポンサーリンク

アボカドの栄養価は加熱ではそれほど変化がない

まずは結論から。

アボカドに熱を加えるだけでは栄養価はそれほど変化しない

です。

 

それよりも、

茹でる、煮る

などの調理法を使うと、水分の中に流れ出てしまう成分があります。

 

アボカドのビタミンが水分に流れ出る

アボカドの栄養成分の中でも、

「ビタミンC」や「ビタミンB群」

は水溶性のビタミンで、

水分の中に流れ出てしまいます。

 

ビタミンは熱に弱いというイメージがありますが、

実際加熱によって壊れることはほとんどありません。

 

茹でたり煮たりする時の水分に溶け出してしまうのを、

加熱によるものと勘違いしてしまうケースが多いようです。

 

アボカドを加熱することによる栄養価の変化は気にしなくてもよい

ここで1つ確認したいのですが、

みなさんはアボカドを茹でたり煮たりしますか?

 

あまり水につける調理法は使わないですよね。

 

つまりアボカドの一般的な調理方法であれば、

栄養価を逃すようなことはあまりありません。

 

そこまで神経質にならなくてもよいでしょう。

 

アボカドを加熱しても味自体に変化はない

アボカドの栄養価が加熱をしても変わらないことが分かりましたが、

味に関しても加熱による変化はありません。

 

熱を加えることで旨味が増すグアニル酸という成分があるのですが、

アボカドには含まれていないようです。。

 

生で食べるか熱を加えるかは、

完全に個人の好みで良さそうですね♬

 

まとめ

結局のところ、

アボカドは好きに食べていい!

ということが分かりましたね♬

 

アボカドは美容や健康のために毎日食べることがオススメの食材です☆

 

毎日食べていると、どうしても飽きてしまうと思います。

 

様々なレシピにチャレンジして楽しみながら美しく健康な体を手に入れてくださいね♬

コメント