ハムスターの飼い方がよく分かるサイトはこちら

アボカドは果物なのか野菜なのか?

未分類

アボカドって果物なのか野菜なのか気になりませんか?

果実だから果物な感じもするけど、

甘くないから果物じゃない気もする。。

 

そもそも果物と野菜って何が違うのかよくわかりませんよね?

 

今回はアボカドが果物なのか野菜なのか?

果物と野菜の違いを徹底的に調べます!

 

スポンサーリンク

アボカドは果物!

まず結論から言わせてもらうと、

アボカドは果物です。

 

果物と野菜の違い

アボカドがなぜ果物なのかを解説する前に、

果物と野菜の違いをまず書いておこうと思います。

 

実は

果物と野菜は学術的に区別されておらず、

分類する明確な定義はありません。

 

しかし、区別する際の基礎はあります。

 

果物とは

果物の語源は「木の物」という意味で、

木になる果実のことを果物と呼びます。

 

農林水産省では、

2年以上栽培し、果実を食用とするものを「果樹」として扱うと決められているようですね。

 

野菜とは

野菜は、葉・茎・根などを食べる野に生える草のことを示します。

 

1年で採取できるもの。

 

 

面白いのが、

スイカやメロン、イチゴなどは苗を植えて1年で収穫できるため、

先ほどの分類でいうと野菜なのですが、

果実として利用される野菜を、

「果実的野菜」

として別の区別の仕方もあります。

 

日本の税関では、

スイカ、メロン、イチゴは「食用の果実」

つまり果物と分類されます。

 

結局どっちでもいいってことなのか!?笑

 

では、ここまでを踏まえて、

アボカドが果物である理由を書いていきますね♬

 

アボカドの特徴からみた果物である理由

先ほど書いた果物の特徴をまとめますね。

  1. 木になる果実
  2. 栽培に2年以上かかる
  3. 果実を食用とする

アボカドをここに照らし合わせます。

 

アボカドの特徴

  1. 10m以上になる高木
  2. 身ができるまで5年〜10年かかる
  3. 果実を食べる

 

これらの特徴を踏まえると、

アボカドは果物であると言えますね♬

 

なぜアボカドは野菜だと思われるのか?

アボカドの特徴を見れば、

果物であることは明らかなのですが、

なぜ野菜だと思われるのでしょうか?

 

甘くない

果物の特徴の1つに、

甘みがある

ことが挙げられます。

 

アボカドが唯一果物っぽくないところといえば、

甘くないという部分ですね。

 

なぜアボカドが甘くないのかの理由は分かりませんが、

レモンや梅の実は甘くないですが、

果物であるとみなさん認識していると思います。

 

果物でも甘くないものもあると思えば、

アボカドが甘くない果物でも不思議ではないですね♬

 

色が緑

アボカドは皮も深緑だし、

身も緑色です。

 

緑といえば野菜!

 

確かにそんなイメージありますね!

 

日本に輸入されるアボカドはハス種と呼ばれる、

緑色のものが多いのですが、

実は皮が赤い品種のアボカドもあります。

 

緑のアボカドより少し甘いようですよ☆

 

アボカドが緑色だと思っているのは、

実は日本人だからなのかもしれませんね!

 

まとめ

アボカドが果物であるということから、

果物である理由まで解説してきました♬

 

雑学としてお話するのも楽しいかもしれませんね☆

 

私的には今回調べていて、

果物と野菜を分類する明確な定義がない事実が、

一番衝撃的でしたが。。笑

 

果実の特徴や栄養をしっかりと含みながら、

糖質が少ないアボカド。

 

いいとこ取りして健康でキレイになりましょう♬

コメント